ブログ

日々を綴ります。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 第40回 全国障害者技能競技大会

第40回 全国障害者技能競技大会

 

 

 

 

こんにちは😊

 

 

 

12月に入り、今年も残り1か月となりましたね。

 

 

 

2020年はCOVIT-19に苦しめられ生活の変化を強いられた年となりましたが、

来年は穏やかな1年を過ごせることを願い 師走を駆け抜けていきたいと思っています🔥

 

 

 

少し前のお話しとなりますが、今回のタイトルにあります

「第40回 全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)」に わーくりんく宝石台の利用者さんが出場され、

11月13日~14日に 会場のある愛知県常滑市に介助者として行って参りました(`・ω・´)

 

 

アビリンピック という言葉にピンと来ない方もいるかと思いますが、

「アビリンピック」(ABILYMPICS)は、「アビリティ」(ABILITY・能力)と

「オリンピック」(OLYMPICS)を合わせたものです🌼

 

アビリンピックは、障害のある方々が日頃培った技能を互いに競い合うことにより、

その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々に障害のある方々に対する理解と

認識を深めてもらい、その雇用の促進を図ることを目的として開催されている大会なのです★

 

 

今回わーくりんくの利用者さんが出場した種目は、わーくりんくの特徴でもある「建築CAD」です🍀

 

 

県庁の方曰く「建築CAD」の種目に栃木県代表として選手が出場するのは今回が初めて・・・

つまり、わーくりんくの利用者さんが栃木県初の建築CADの選手とのことです💡

(とちぎアビリンピック2017を除く)

 

 

出場された方は、わーくりんくでJW-CAD/AutoCADLTを学び

実際に図面を何枚も書いている CADオペレーション力がとても高い方です(#^^#)

 

 

出場が決まってからは、練習スケジュールに沿って過去の課題を作成していく

という練習を たくさん たくさん しました🔥

 

 

普段わーくりんくで書いている建築図面の書き方やルールとは違うため、

慣れているクセのようなものを治すのが大変だったかと思いますが、

一生懸命 練習についてきてくださいました ^^

 

 

大会本番は11/14だったのですが、前日に競技会場で諸々説明や設定があるということで、

私と利用者さんは13日の朝に愛知県へ向けて出発 🚄

 

 

 

名古屋駅で弊社の社長と合流し、ご飯をご馳走に🍴

名古屋コーチンの親子丼 トロフワで美味しかった~ ♪

ご馳走さまでした🐷♡

 

 

 

今回の大会会場は「愛知県国際展示場」という場所で、中部国際空港のすぐそばにあります🏢

 

 

 

名古屋鉄道に乗り空港へ~ レトロな車両が印象的でした。

 

 

 

会場です 新しく綺麗な建物でしたよ ♪

 

 

 

技能五輪も併せて開催されたため、会場内は賑やかでした

 

 

例年であれば、応援や観覧のために近隣の方や出場者のご家族が応援するのに会場に入れたのですが、

今年はCOVID-19対策のため、会場内に入れるのは 選手と介助者 の方たちのみでした・・・

 

 

会場に繋がる通路上では本人確認や検温消毒等がしっかりされており、

人が多く集まる機会でしたが 不安感は少なかったです。

 

 

この場所で事前の競技説明や本番で使用する図枠の作成等を行い、無事 1日が終わりました☺

 

 

 

14日が競技日でした

 

早起きし💤 朝ご飯モリモリいただきました。

 

競技が午後からだったため、午前中は利用者さんと一緒にカフェでまったりしつつ

CAD設定や作成順序の最終確認を一緒に行い、できる限りの下準備をしました🌼

 

 

当日はとても良いお天気で 雲1つない青空でしたよ☀

 

 

栃木県選手団は鮮やかな黄緑色のジャンパー着て会場へ 👕

 

 

とちまる君 と ナイチュウ がプリントされていて可愛い😂

わーくりんくのジャンパーにとっても似ているんです (^^♪

 

 

 

会場内でお昼をこれまたモリモリ食べ、13:00から競技が始まりました🌠

 

 

 

 

「建築CAD」は競技時間が 3時間30分 と、長いのです💦

 

 

わーくりんくでは1時間に1回は休憩をはさんでいるため、休憩を入れずに

3時間以上集中し続け作図するというのは、利用者さんにとって未知の領域だったかと思います。

 

 

私が視界に入ることで集中を妨げたらいかん! ということで、遠目から見守っていました。

 

 

今回「建築CAD」に出場された方は全部で7名

 

47都道府県あるなか 栃木(1) 東京(2) 愛知(3) 沖縄(1) で 7名・・・😲

ほとんどが一般企業で就労されている方で、就労支援事業所から「建築CAD」に出場は稀なのだと感じました。

 

 

今年の課題は昨年までの課題と少し違い、平面図のサイズ感が大きくなり 且つ図面たちを2つに分ける など

練習し続けてきた過去問のようにはなかなかいかず・・・(-_-;)

 

 

その内容の変化に利用者さんがついていけるのか 理解できるのか

介助者はアドバイスに入ることが出来なかったため心配だったのですが、優しい競技委員の方々が

フォローしてくださったので 利用者さんも頑張って理解しながら進めていました😌

 

 

集中して目の前のことに一生懸命取り組む利用者さんの姿は、とても勇ましかったです。

 

知らない土地に慣れない環境で、肉体的精神的負荷が大きかった2日間かと思いますが、

今回のアビリン参加が、利用者さんにとって良い経験・刺激となってくれてたら嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

わーくりんく宝石台では現在3名の方が日々図面作成を行っていますが、

みなさんJW-CADもAutoCADも操作できるんですよ!

 

2種類のCAD操作を覚えるのには、マウス操作が違かったりオブジェクト編集方法が違かったりと、

とても混乱するのですが💦  みなさんスムーズに動かしており とにかく凄いんです!(^^)!

 

 

 

障がいを抱えていても 自身の持つ能力を活かして 輝くことが出来る

そんな環境作り・支援をこれからも続けて行きたいと思います🔥

 

 

 

 

 

なんだが長くなってしまいました・・・

最後までお読みいただきありがとうございました☺

 

 

寒さ厳しくなってきたため、お体ご自愛下さいね 💛

***************************************
えむつーあしすと株式会社
多機能型障害者就労支援事業所 わーくりんく宝石台 就労移行支援/就労継続A型
〒329-1231 栃木県塩谷郡高根沢町宝石台 5-7-9 カネサビル宝石台 2階
TEL/FAX 028-666-7939

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事